共通市章

文字サイズ

市民税(県民税)

◎個人住民税
  ◇個人住民税(市県民税)のかかる人
◆1月1日現在、市内に住所を有する個人。ただし、下記の「◇個人市民税(県民税)のかからない人」を除く
  ◆又は市内に家屋敷を有する個人で、市内に住所を有しない方

  ◇個人市民税(県民税)のかからない人
   1.均等割と所得割が課税されない人
   ◆生活保護法により、生活扶助を受けている方
   ◆障害者・未成年者・または寡婦(夫)で、前年中の所得が125万円以下の方 
   2.均等割が課税されない人
   ◆前年中の合計所得が、次の額または算式で求めた額以下の方
      扶養親族がいない場合 28万円
      扶養親族がいる場合   28万円 × (1+控除対象配偶者+扶養親族の数)+16万8千円
   3.所得割が課税されない人
   ◆前年中の合計所得が、次の額または算式で求めた額以下の方
      扶養親族がいない場合 35万円
      扶養親族がいる場合   35万円 × (1+控除対象配偶者+扶養親族の数)+32万円

◎個人住民税(市県民税)の申告
前年中の所得や社会保険料、扶養などの所得控除を毎年2月16日から3月15日の間に申告します。
  収入がなくても申告の必要があります。

◇申告の必要がない人
  ◆所得税の確定申告をされる方
  ◆所得が給与所得のみで、年末調整済みの給与支払報告書が勤務先から下田市役所に提出されている方
  ◆公的年金等による所得のみで、所得控除の申告が必要ない方
   ※平成23年分から、公的年金等の収入金額が400万円以下で、かつ公的年金等に係る雑所得以外の所得が
   20万円以下の場合は、所得税の確定申告は不要になりました。
   注1)所得税の還付を受けるためには、確定申告が必要です。
   注2)住民税で控除の適用を受けるためには、住民税申告が必要な場合があります。所得額や控除の
      内容によって異なりますが、住民税申告をすることによって住民税が安くなる場合があります。



◎税額について
  均等割額
   ◆市民税均等割額(下田市) 3,500円
   ◆県民税均等割額(静岡県) 1,900円

  ※『東日本大震災からの復興に関し地方公共団体が実施する防災のための施策に必要な財源の確保に係る
   地方税の臨時特定に関する法律』が制定され。平成26年度から平成35年度まで均等割額の税率は市民税分、
   県民税分にそれぞれ500円が加算されています。
    また、静岡県において、荒廃森林の整備に係る『森の力再生事業』の実施に伴い、『森林(もり)づくり
   県民税』を導入しており、県民税分の均等割額が平成18年度から平成32年度まで400円が加算されています。


◎所得割額
  所得割額は下記の式により計算されます。

  ( 総所得金額 - 所得控除金額 )=  A (千円未満切捨)

    A  ×  税 率 - 税額控除 = 所得割額(百円未満切捨)

  税率は、一律10%の比例税率となっています。内訳は市民税が6%、県民税が4%です。


個人住民税に係るリンク
⇒個人住民税法改正等に係る変更点
 更新日:2017/03/06
このページに関するお問い合わせ: 税務課: 下田市東本郷1-5-18: Tel 0558-22-2218: Email zeimu@city.shimoda.lg.jp