共通市章

文字サイズ

下田市新庁舎建設事業 その1

経過

平成30年 3月17日  プロポーザル 公開ヒアリング6者(最優秀者、次点者の選定) プロポーザル結果はこちらから
平成30年 4月 2日~ プロポーザル最優秀者提案書展示会 3会場(約1か月)
           下田市役所市民保健課前ロビー 、下田市民文化会館1階ロビー、稲生沢公民館1階ロビー
平成30年 5月 2日  広報しもだ 「プロポーザル提案書の概要版資料」を各戸配布
平成30年 6月24日  市民ワークショップ(市役所大会議室 20名参加)
平成30年 6月28日  市民ワークショップ(稲生沢公民館  26名参加)

※これまでの間に、庁内の職員とのヒアリング、議会との検討会(3回)及び特別委員会を行っています。(平成30年8月10日現在)

設計のテーマとコンセプト

基本計画における基本理念
基本理念
「開国のまちにふさわしい市民に開き広く集まる市庁舎」をテーマに
基本理念の4つの項目ごとに具体的なコンセプトを設定しました。

 ①機能性       ⇒ 市民が広く集まるような使いやすい市庁舎
 ②安全性       ⇒ 安心・安全の象徴となる市庁舎
 ③経済的・持続性   ⇒ 下田の地域性を活かしたエココンパクト市庁舎
 ④地域性・下田らしさ ⇒ 下田の文化を広く取り入れた市庁舎


  ※コンセプトの詳細はこちらから基本理念と設計テーマ・コンセプト(pdf 180kb)

市民ワークショップ

平成30年6月に市役所及び稲生沢公民館を会場に第1回市民ワークショップを開催しました。
市民ワークショップでは、プロポーザルにおける提案を基に「いいね!」と思う点、「こうすると・・・よくなるのでは?」という改善案、「ちょっと・・・心配・不安・大丈夫?」という不安箇所や改善点を出し合いました。
市民ワークショップで出された意見を可能な限り設計に反映させ、みんなが安心して使いやすい市庁舎となるよう進めていきます。

P6240053 P6240051

 ※市民ワークショップにおける意見の一覧はこちらから市民ワークショップ意見一覧(pdf 7kb)

新庁舎の階構成とゾーニングの検討

新庁舎内の大きなゾーンごとの配置検討を行っています。
・市民窓口ゾーン ⇒ 住民票、印鑑証明、税、福祉、子育て、教育等に関係する課を配置するエリア
・行政窓口ゾーン ⇒ 総務、政策、防災、建設、産業、観光等に関係する課を配置するエリア
・議会ゾーン   ⇒ 議会事務局、議場、委員会室、議会図書室、議会応接室等を配置するエリア
・市民ゾーン   ⇒ 多目的に使えるエリア(行政目的:確定申告、選挙の期日前投票など 市民目的:展示会、会議室、フリースペースなど)
・その他     ⇒ 市長室エリア、防災対策室エリア、ロビーエリアなど

これらのゾーンの効率的な配置(駐車場と窓口連携、市民窓口利便性、議会多目的活用、市民ゾーン利便性、職員の業務体制等)について、様々なパターンの配置例を検討し、限られた敷地、限られた建物面積、限られた予算等の中で、市民や職員など多くの利用者が使いやすい庁舎となるよう進めていきます。

〇特に配慮している事項
 ・他の用途にも使用できる汎用性
 ・可能な限り駐車場を広く確保
 ・市民窓口と行政窓口の集約配置
 ・来庁者の上下階移動の低減
 ・業務間の連携の向上と効率化(業務が関係する課、連携する課、関係室を近接配置)
 ・防災体制の充実(防災安全課、建設課、産業振興課、防災対策室等の近接配置)
 ・市民ゾーン等の多目的利用と休日夜間セキュリティー確保


 ※階構成とゾーニング比較の詳細資料はこちらから階構成とゾーニング比較検討資料(pdf 131kb)


これらを基に、詳細な平面計画を作成しています。
平面図はこちらから(平成30年6月5日現在)H30.6.5新庁舎 平面図案(pdf 994kb)

※この平面図(案)は計画の途中段階のものであり決定した図面ではありません

駐車場の考え方

現庁舎の駐車場は、来庁者用駐車場が25台しかなく、これまでも増設を求める意見が多くありました。
H23市民アンケート、H28,H29市長と語る会アンケート、H30市民ワークショップなど。
今回、下田市の人口分布などを基に整理しました。

人口分布
全体の7割以上の来庁者が国道側から進入すると想定されます。
また、下田市の現在の人口から最大滞留量(一時的なピークの駐車台数)を計算式より算出した場合、市民窓口系の来庁者の台数は次の通り考えられます。
((人口21,755人 × 部門割合0.009)× 滞留率0.1 = 15.75台  ⇒ 最大16台


※なお、今後の想定される人口減少やマイナンバーカードによるコンビニ交付の開始に伴い市民窓口の来庁者数は5年後、10年後には減少していく見込みです。

これらの状況から、2階国道側の駐車場台数は、市民窓口来庁者を十分まかなえる16台以上となるよう検討しています。
1階駐車場25台とあわせて、41台以上(現庁舎の1.64倍)となる計算です。
(上記平面図(案)を修正しています。)

【検討例】
2階国道側駐車場


新庁舎建設事業について不明な点等ありましたら担当課までお問い合わせください。
 更新日:2018/08/13
Get Acrobat Reader
このページでダウンロードできるファイルはPDF形式で作成されています。PDFファイルをご覧頂くためには「Adobe(R)Acrobat(R)Reader」が必要です。
「Adobe(R)Acrobat(R)Reader」は、左記の「GetAcrobatReader」のボタンからダウンロード可能です。
 
このページに関するお問い合わせ: 統合政策課: 下田市東本郷1−5−18: Tel 0558-22-2212: Email tougou@city.shimoda.lg.jp