共通市章

文字サイズ

下田市の指定管理者制度

【指定管理者制度】

 指定管理者制度は、積極的に民間のノウハウを活用することで、公の施設の有効利用や施設運営の効率化を図ることを目的とした制度です。
 下田市でも指定管理者制度を平成16年4月から導入し、制度の定着が進んでいます。これまでは、市民代表の方を構成主体とする市の附属機関を中心に、公の施設の管理運営方法に関する議論を重ね、また指定管理者の候補者選定のための審査を行い、指定管理者制度の運用を行ってきました。

【指定管理者導入施設】

 現在、下田市では、7つの施設で指定管理者を指定しています。 → 指定管理者導入施設一覧(pdf 80kb)

【公の施設の管理運営等に関するガイドライン~指定管理者制度の運用を中心に~】

 指定管理者制度の定着に伴い、これまでの指定管理者制度に対する本市なりの検証等を行い、以後の指定管理者制度の運用方針としてとりまとめた『公の施設の管理運営等に関するガイドライン~指定管理者制度の運用を中心に~』を平成23年12月に策定しました。
 平成24年度以降の指定管理者制度をめぐる運用等は、当ガイドラインを踏まえた市の政策決定や附属機関による審査、指定管理者の指定に関する議会の議決を経て行っていくこととします。
  → 『公の施設の管理運営等に関するガイドライン~指定管理者制度の運用を中心に~』 (pdf252KB)

【指定管理者募集~指定手順】

 下田市では指定管理者選定に際し、次のような手順で行っています。
 参考までにH20年度に選定を行った『加増野ポーレポーレ』の事例を紹介します。
 (関係する条例・規則等は、トップページの例規集を参照してください) 

  施設名                  加増野ポーレポーレ

  1 指定管理者の募集            募集要項(pdf:152KB) 
                        管理運営の基準(pdf:100KB)
  2 指定管理者の候補者の選定        選定結果(pdf:11KB)
  3 指定管理者の候補者との(仮)協定     (仮)協定書の締結(pdf:217KB)
  4 議会の指定議決            平成20年12月
  5 指定管理者の指定            平成20年12月指定通知


【平成26年度 指定管理候補者の選定結果】

 下田市公の施設の指定管理者選定委員会において審査が行われた施設は以下の1施設です。
 なお、指定管理期間は平成27年4月1日から平成32年3月31日までの5年間を予定しています。

 ▼下田市外ヶ岡交流拠点施設 
  所管課  :観光交流課
  募集方法:非公募
  申請者  :一般社団法人 下田市観光協会

  下田市公の施設の指定管理者選定委員会から10月24日に選定結果報告の提出がありましたので、下記により公表します。
  
  選定結果報告書(pdf 220kb)



 更新日:2017/02/07
Get Acrobat Reader
このページでダウンロードできるファイルはPDF形式で作成されています。PDFファイルをご覧頂くためには「Adobe(R)Acrobat(R)Reader」が必要です。
「Adobe(R)Acrobat(R)Reader」は、左記の「GetAcrobatReader」のボタンからダウンロード可能です。
 
 
このページに関するお問い合わせ: 企画財政課: 下田市東本郷1−5−18: Tel 0558-22-2212: Email kikaku@city.shimoda.shizuoka.jp