共通市章

文字サイズ

第5次下田市行財政改革に取り組みます(H23年度~H27年度)

第5次下田市行財政改革大綱
第5次下田市行財政改革大綱実施計画  を策定しました

 
 平成23年3月に、平成23年度から平成27年度を取組期間とする第5次下田市行財政改革大綱とその実施計画を策定しました。
 
 これは、平成22年4月1日に取組を終えた下田市行政経営プラン(第4次下田市行財政改革大綱)と下田市集中改革プラン(第4次下田市行財政改革大綱実施計画)の検証総括を踏まえ、第5次行革の基本姿勢を設定し、何を目指して改革に取り組み、どのような手法でそれらを進めていくのかについて記載し、平成27年度までの5年間で取り組む具体的な改革の内容を提示したものです。

 今後、「実施計画」に掲げた各改革項目について、明示したスケジュールの進行管理をきちんと行い、行財政改革の取組を推進していくこととします。

※※ なお、平成25年3月に「大綱」と「実施計画」の改訂を行いました。改訂に当たっての考え方や具体的内容については、本ページ末尾の冊子中に記載がされています。



【第5次行革の主な内容】
 <取組期間>  平成23年度~平成27年度

 <基本姿勢>  1 集中改革プランの検証結果を踏まえる
            2 第4次下田市総合計画を推進する
            3 地域主権改革に対応する

 <第5次行革で目指すものと改革の柱>
            これ、目指します!1  財政の健全度をより確かなものにします
              改革の柱1 経費の節減
              改革の柱2 給与の適正化
            これ、目指します!2  行政の信頼性・透明性の更なる向上に努めます
              改革の柱1 市民参画機会の拡大
              改革の柱2 人材育成
              改革の柱3 透明性の確保
            これ、目指します!3  計画的で効率的な行財政運営を行います
              改革の柱1 定員管理・組織機構の適正化
              改革の柱2 施設運営の効率化
              改革の柱3 市民サービスメニューの見直し

 <第5次行革の重点事項>
            ・行政評価システムの構築 ・補助金支出の適正化 ・ごみ処理業務のあり方 ・新庁舎建設
            ・給食センター建設 ・幼保再編整備 ・小中学校の再編整備 ・公民館の統廃合 ・市税等現年収納率の向上(改訂分)


yesプリントアウトはこちらから
第5次下田市行財政改革大綱 改訂版 (pdf1MB)
第5次下田市行財政改革大綱実施計画 改訂版 (pdf1MB)

           
 更新日:2017/04/01
Get Acrobat Reader
このページでダウンロードできるファイルはPDF形式で作成されています。PDFファイルをご覧頂くためには「Adobe(R)Acrobat(R)Reader」が必要です。
「Adobe(R)Acrobat(R)Reader」は、左記の「GetAcrobatReader」のボタンからダウンロード可能です。
 
 
このページに関するお問い合わせ: 総務課: 下田市東本郷1-5-18: Tel 0558-22-2211: Email soumu@city.shimoda.lg.jp