共通市章

文字サイズ

21.下田奉行所跡

 
文化財
番号
名称
市指定文化財 21 下田奉行所跡
指定日
種別
所在地
昭和51年5月27日 史跡 下田市東中14
説明
下田港が開港され、ペリー艦隊が入港していた嘉永7年(1854)3月24日、下田奉行が再々置された。開港場としての下田の整備、異国船への応接が主な任務であった。当初は市内の宝福寺、つづいて稲田寺が仮奉行所となり、安政2年(1855)中村におよそ一万坪の田地を埋め立て、1万6千両の建設費を投じて、堀や塀をめぐらせた奉行所が完成した。
 更新日:2007/04/01
 
このページに関するお問い合わせ: 教育委員会生涯学習課社会教育係: 下田市四丁目6番16号: Tel 0558-23-5055: Email kyouiku@city.shimoda.shizuoka.jp