共通市章

文字サイズ

07.寂用禅師語録

 
文化財
番号
名称
市指定文化財 7 寂用禅師語録
指定日
種別
所在地
昭和60年12月23日 書籍 下田市横川342 太梅寺
説明
寂用英順(じゃくゆうえいじゅん)自筆の言文録。
英順は戦国時代の天分年間(1532〜1555)から江戸時代初期の慶長19年(1614)の没年まで南伊豆で活躍した曹洞宗の僧侶である。湊に修福寺を開き、太梅寺の住持となり、小田原大安寺の住持も兼ね、その間商業活動にも手を出すなど多方面の活躍をした禅僧である。
 更新日:2007/04/01
 
このページに関するお問い合わせ: 教育委員会生涯学習課社会教育係: 下田市四丁目6番16号: Tel 0558-23-5055: Email kyouiku@city.shimoda.shizuoka.jp