共通市章

文字サイズ

27.伝説「庚申塔」

庚申塔
参照 伊豆の伝説
 下田市河内の入澤に、高さ1丈(約3米)ばかりの苔蒸した古い塔がある。
村の人たちは、これを庚申塔と呼んでいるが、時々この塔が荒縄でがんじがらめにきびしく縛られていることがある。
 どうしたわけであろうかというと、これは何か失せもの(なくなりもの)があった時、この庚申塔を左縄でしばって願をかけると不思議に失せものが出るということである。
下田市の民話と伝説 第1集より
 更新日:2007/04/01
 
このページに関するお問い合わせ: 教育委員会生涯学習課社会教育係: 下田市四丁目6番16号: Tel 0558-23-5055: Email kyouiku@city.shimoda.shizuoka.jp