共通市章

文字サイズ

母子家庭等医療費の助成制度

■母子家庭等医療費の助成制度とは

 市内に住む母子・父子家庭等のうち所得税非課税世帯に対して、保険給付の対象となる医療費の自己負担分を助成します。
■対象者
世帯全員の所得税が非課税の世帯で、
・20歳未満(20歳になる誕生日の前日に属する月末まで)の児童を扶養している母子家庭の母と児童
・20歳未満(20歳になる誕生日の前日に属する月末まで)の児童を扶養している父子家庭の父と児童
・父母のいない20歳未満(20歳になる誕生日の前日に属する月末まで)の児童
のいずれかにあてはまる方。
■支給内容
医療機関等で受診した場合、保険対象となっている医療費の自己負担金について助成します。
■手続きについて

 対象者には受給者証をお渡ししています。あらたに対象となる方、下田市に転入してきた対象者の方については、手続きが必要です。
■手続きに必要なもの
・申請書
・健康保険証
・振込先預金通帳
・印鑑
・(附加給付のある健康保険組合等の場合)附加給付内容証明書
・(他市町村からの転入の場合)所得税の非課税証明
・(外国人の場合)外国人の登録証
■有効期限
受給者証の有効期限は毎年6月30日までとなっていますので、受給を継続される方は、6月中に更新の手続きを行なってください。
■申請・問合わせ窓口
下田市福祉事務所 0558(22)2216
■支給の方法

・医療機関及び薬局の窓口等で、健康保険証と一緒に受給者証を提示してください。
・一旦、窓口で医療費の自己負担分を支払っていただき、後日下田市から指定の口座へと、助成金として自動的にお支払します。(「償還払い」方式)
 更新日:2014/03/06
このページに関するお問い合わせ: 福祉事務所: 下田市東本郷1-5-18: Tel 0558-22-2216: Email fukushi@city.shimoda.shizuoka.jp