共通市章

文字サイズ

自立支援医療(更生医療)

 身体障害者手帳の交付を受けた18歳以上の方が、身体の障害を軽減、改善し日常生活を容易にするための手術や治療(心臓手術、角膜手術、関節形成術、血液透析療法等)を受けるとき、医療費の一部を助成する制度です。
 ※平成28年1月1日からマイナンバー(個人番号)が必要となります。
 
対象者
身体障害者手帳の交付を受けた18歳以上の方

対象疾患

障害名代表的な更生医療の内容
視覚障害白内障人工レンズ埋込術、角膜移植術、義眼包埋術
聴覚障害人工内耳埋込術、鼓室形成術
音声・言語障害口唇形成術、口蓋形成術
そしゃく機能障害歯科矯正治療
肢体不自由人工関節置換術、骨盤骨切術
心臓機能障害大動脈冠動脈バイパス術、ペースメーカー埋込術、心移植術
腎臓機能障害人工透析術、腎移植術、術後免疫抑制療法
小腸機能障害中心静脈栄養法
免疫機能障害抗HIV療法、免疫調整療法
肝臓機能障害肝移植術、術後免疫抑制療法

自己負担額
原則として医療費の1割相当分を負担していただきます。ただし、世帯の所得に応じて自己負担額の上限額が定められています。

申請手続
・申請書
・指定医療機関の医師の診断書
・健康保険証
・市町村民税課税証明書
・身体障害者手帳
・認印
・申請者の個人番号カード又はその写し、通知カード又はその写し
・同一保険加入者全員分の個人番号カード又はその写し、通知カード又はその写し
自立支援医療(更生医療)に関する委任状(pdf 86kb)(代理人申請の場合)
・代理人の本人確認書類(個人番号カード、運転免許証など官公署発行の顔写真付き身分証明書のうち1点。または、健康保険証、介護保険証、年金証書、年金手帳など氏名、住所の分かるもののうち2点。)

※代理人申請の場合はお問い合わせください。
 更新日:2016/06/27
Get Acrobat Reader
このページでダウンロードできるファイルはPDF形式で作成されています。PDFファイルをご覧頂くためには「Adobe(R)Acrobat(R)Reader」が必要です。
「Adobe(R)Acrobat(R)Reader」は、左記の「GetAcrobatReader」のボタンからダウンロード可能です。
 
このページに関するお問い合わせ: 福祉事務所: 下田市東本郷1-5-18: Tel 0558-22-2216: Email fukushi@city.shimoda.lg.jp