共通市章

文字サイズ

社会福祉法人の指導監督業務について


社会福祉法人とは

 社会福祉法人とは、社会福祉法で「社会福祉事業を行うことを目的として、この法律の定めるところにより設立された法人」と定義されています。社会福祉法人は、社会福祉事業の主たる担い手としてふさわしい事業を確実、効果的かつ適正に行うため、自主的にその経営基盤の強化を図るとともに、その提供する福祉サービスの質の向上及び事業経営の透明性の確保を図らなければならないとされています(社会福祉法第24条)。また、法人運営や事業経営に当たっては、社会福祉法などの法令で、実施条件や事務手続きなどが定められており、適正な運営が求められています。
 一方、社会福祉法人は、その公益性の高さから、法人税、事業税などの原則非課税や共同募金をはじめとした各種助成金の受給資格などの優遇措置を受けています。

社会福祉法人に対する指導監査

 社会福祉法人は、主に障害者や児童、高齢者などの社会的な支えが必要となる方々を対象とした福祉サービスを提供しています。公的な優遇措置も受けていることから、適正な法人運営と円滑な社会福祉事業の経営を確保するため、「所轄庁」が運営全般に対して積極的に助言、指導を行うこととしています。

平成28年度 社会福祉法人の指導監査方針(pdf 9kb)
平成28年度 指導監査結果一覧(pdf 3kb)
社会福祉法人の所轄庁

 平成25年4月から下田市内のみで事業を行っている社会福祉法人については、下田市が「所轄庁」として定款の認可、指導監査などを実施することになりました。
(実施する事業が静岡県内の複数市町にわたる場合は、静岡県が「所轄庁」となります。)

平成27年度末時点で所轄している法人
法 人 名住 所
下田市社会福祉協議会下田市四丁目1番1号
聖愛福祉会下田市立野34番地
覆育会下田市加増野376番地の4
※伊豆つくし会につきましては、平成27年度中に所轄庁が「静岡県」に変更となりました。

各法人の事業や施設などの詳細は、法人のホームページをご参照ください。
 ○下田市社会福祉協議会
 ○聖愛福祉会
 ○覆育会

社会福祉法人の現況報告

 社会福祉法人は、社会福祉法に基づき、毎会計年度終了後3か月以内に事業の概要及びその他の厚生労働省令で定める事項を所轄庁に届け出なければならないとされています。(社会福祉法施行細則第9条)
 平成26年度から社会福祉法人は、現況報告書及び財務諸表等につきインターネット等を活用し、公表することが義務付けられましたが、法人のうち、ホームページ等が存在しないことやその他の事情により公開が困難な法人については、所轄庁が現況報告書等を公開することになっています。

平成28年度現況報告書等 公表状況
法 人 名公 表 箇 所
下田市社会福祉協議会法人HP内(HOME>事業内容)
聖愛福祉会現況報告書(H28)(pdf 34kb)
総括表(H28)(pdf 12kb)
覆育会法人HP内(HOME>事業報告)

 更新日:2017/03/22
Get Acrobat Reader
このページでダウンロードできるファイルはPDF形式で作成されています。PDFファイルをご覧頂くためには「Adobe(R)Acrobat(R)Reader」が必要です。
「Adobe(R)Acrobat(R)Reader」は、左記の「GetAcrobatReader」のボタンからダウンロード可能です。
 
このページに関するお問い合わせ: 福祉事務所: 下田市東本郷1-5-18: Tel 0558-22-2216: Email fukushi@city.shimoda.shizuoka.jp