共通市章

文字サイズ

下田市の高齢者福祉サービスのご案内

■介護保険以外のサービス

介護予防・生活支援のため、介護予防の適用を受けない老人や家庭等に対して次のようなサービスを実施しています。(介護保険適用者も、一部こちらの制度を利用できます。)
(1)生活管理指導ショートステイ
(2)高齢者等給食サービス事業(有料)
(3)緊急通報装置の設置
(4)日常生活用具の給付、貸与
(5)在宅ねたきり老人等介護手当の支給
(6)重度心身障害者タクシー料金の助成
(7)老人福祉センター
(8)シルバー人材センター
(9)高齢者生きがいプラザ
(10)
ごみの特別在宅収集
(11)生きがい相談
(12)老人クラブ活動
(13)老人ホーム(養護老人ホーム)への入所
(14)ボランティア活動
(15)保健師の訪問指導
高齢者のための相談窓口

■(1)生活管理指導ショートステイ

老人ホームに宿泊して1週間程度お世話になれます。
生活管理指導ショートステイ
対象者介護認定外の人で基礎的生活習慣の欠如や対人関係がうまくいかない老人や、介護者が病気、事故、冠婚葬祭等で介護を受けることが困難となった老人
サービス特別養護老人ホーム、養護老人ホームで1週間程度宿泊して介護、食事、入浴、その他必要な介護が受けられます。
利用料金生活保護世帯 無料
その他の世帯 1,550円
問合せ先下田市地域包括支援センター    0558(36)4146

■(2)高齢者等給食サービス事業(有料)

ひとりぐらしの老人等で日常生活の食事の準備が困難な人が、栄養のバランスの取れた割安な食事の提供を受けられます。
高齢者等給食サービス事業
対象者市内に居住する者で次のいずれかに該当する者
 1.65歳以上のひとりぐらしの者
 2.高齢者世帯に属する者。
 3.その他身体障害者等で市長が認めた者。
利用方法1.利用申請書の提出(下田市社会福祉協議会又は下田市福祉事務所まで)
2.利用決定通知書をもって利用券の購入(下田市社会福祉協議会にて)
3.利用日の前日までに給食業者に注文
4.給食と引き換えに利用券を給食業者に渡す。
利用料金1食 500円
問合せ先下田市福祉事務所      0558(22)2216
下田市社会福祉協議会    0558(22)3294

■(3)緊急通報装置の設置

ひとりぐらしの老人等が、不安のない日常生活を送るため、緊急事態に機敏な対応のできる緊急通報装置を設置してもらえます。
緊急通報装置の設置
対象者・介護保険認定の有無は問いません。
・一人ぐらし老人、ねたきり老人及びこれらの人がいる高齢者のみの世帯
サービス電話機にペンダント型発信機付シルバーホーン「あんしん」、火災報知器、ガス漏れ警報機を設置してもらい、緊急時ブザーを押すことにより消防署に連絡がつくとともに、あらかじめ指定した親類や近隣の協力員にも連絡してもらえます。
負担額等・設置費は所得により一部負担あり。
・電話料金は自己負担、維持管理費は無料。
問合せ先下田市福祉事務所        0558(22)2216

■(4)日常生活用具の給付、貸与

お年寄りが日常生活を送るのに必要な用具の給付や貸与をします。
日常生活用具の給付、貸与
対象者在宅の認知性老人、ねたきり老人
サービス下記の給付
・紙おむつ
(在宅のねたきり老人に年2回支給<要介護4.5以上で住民税非課税世帯に限る>)
問合せ先下田市地域包括支援センター  0558(36)4146

■(5)在宅寝たきり老人等介護手当の支給

ねたきり老人、認知性老人と生活を共にする介護者は、1カ月2,000円の手当を受けられます。(介護保険を前1年間使用していない重度要介護者を介護している低所得者は5,000円)
(支給月は4月、8月、12月)
●問合せ先 下田市地域包括支援センター 0558(36)4146

■(6)重度心身障害者タクシー料金の助成

身体障害者1、2級、療育手帳A所持者に対し、1年間に中型車の基本料金5枚分を助成します。
●問合せ先 下田市福祉事務所       0558(22)2216

■(7)老人福祉センター

市内の老人や障害者及びその介護者は老人福祉センターに行って、カラオケ、読書、入浴、血圧測定、ヘルストロンの利用等、無料でできます。
●問い合せ先 下田市福祉事務所  0558(22)2216、下田市社会福祉協議会 0558(22)3294

■(8)シルバー人材センター(高齢者の力を活用する。)

おおむね60歳以上の方で、健康で働く意欲のある方が、会員となって働くことができます。
(年会費2,000円)
●問い合せ先 下田市シルバー人材センター 0558(22)4222

■(9)高齢者生きがいプラザ

市内の老人や障害者及びその介護者は、高齢者生きがいプラザに行って、陶芸やお茶その他趣味の活動、各種研修会等無料で利用できます。(その他の方も有料で利用できます。)
●問い合せ先 サンワーク下田 0558(27)1200、 下田市福祉事務所 0558(22)2216

■(10)ごみの特別在宅収集

ひとりぐらしの老人等で、ゴミをゴミステーションまで出すことが困難な人は、清掃センター職員によるゴミの特別在宅収集を受けられます。
ごみの特別在宅収拾
対象者・一人ぐらし老人や高齢者世帯の方でゴミを排出するのが困難な人(世帯)
・身体障害者等でゴミを排出することが困難な人(世帯)
サービス清掃職員が収集日に自宅までお伺いし、ゴミを収集します。
利用料金無料
問合せ先・下田市環境対策課清掃センター    0558(22)6686
・下田市福祉事務所          0558(22)2216

■(11)生きがい相談

高齢者に係わる生きがい、就労等の相談にのってもらえます。
●問い合せ先  下田市社会福祉協議会  0558(22)3294

■(12)老人クラブの活動

60歳以上の方々が加入し、生きがいづくり、健康づくり、社会参加活動をしています。
演芸大会、陶芸大会、ゲートボール大会、輪投げ大会、幼児との交流、世代間の交流等を実施しています。積極的に参加してください。
●問い合せ先 下田市社会福祉協議会    0558(22)3294

■(13)老人ホーム(養護老人ホーム)への入所

いろいろな事情で家庭で生活できない老人は、福祉事務所の措置により老人ホームに入所し面倒をみてもらえます。
老人ホーム(養護老人ホーム)への入所
対象者概ね65歳以上の高齢者で、経済的理由、環境上の事情等により家庭での生活が困難な人。
費用負担入所者本人の収入、及びその扶養義務者の市民税、所得税額に応じて費用負担があります。
問合せ先下田市福祉事務所      0558(22)2216

■(14)ボランティア活動

年齢、分野を問わずボランティア活動に参加していただける方を募集しています。
●問い合せ先  下田市社会福祉協議会       0558(22)3294

■(15)保健師の訪問指導

ねたきりやこれに準ずる人、及び痴呆性老人、各種健康診査により指導が必要な人に対し、市役所保健師が訪問して指導します。
●問い合せ先 下田市市民保健課健康づくり係   0558(22)2217

■高齢者のための相談窓口

高齢者のための相談窓口一覧
名称電話
下田市福祉事務所0558(22)2216
下田市市民保健課地域包括支援センター0558(36)4146
下田市市民保健課健康づくり係0558(22)2217
下田市社会福祉協議会0558(22)3294
 更新日:2015/05/26
このページに関するお問い合わせ: 福祉事務所: 下田市東本郷1-5-18: Tel 0558-22-2216: Email fukushi@city.shimoda.shizuoka.jp