共通市章

文字サイズ

障害基礎年金

 国民年金加入中、もしくは20歳前か、60歳以上65歳未満の時に病気や怪我になって、障害が残った場合に支給される年金です。

支給を受けるための要件
 
障害基礎年金を受給するためには 初診日納付状況障害認定日、この3つの要件がとても重要です。これらを満たしていないと、基本的に障害基礎年金を受けることができません。

初診日障害の元となった病気や怪我について初めて病院に行った日のこと。加えてその月に年金制度に加入していること。ただし60歳以上65歳未満と、20歳未満の時は除く。
納付状況初診日のある月の前々月までの被保険者期間のうち、国民年金保険料を納めた月と免除期間が合わせて3分の2以上あること。もしくは、初診日の属する月の前々月までの直近1年間の被保険者期間に、保険料の未納期間がないこと。
障害認定日初診日から1年6か月を経過した日で障害の程度が国民年金法に定める1級か2級に該当すること。

 初診日や障害認定日は医師からの診断書や初診日の証明書により証明を取ることができます。納付状況については病気や怪我になる前の間、しっかり年金を納めていたかどうかが重要になります。国民年金をほとんど納めていなかった場合、例え重度の障害になったとしても障害基礎年金を受給できる可能性は非常に低くなってしまいます。このため、常日頃から国民年金を納めることが大事ですし、もし納めるのが困難な時は必ず免除申請をするようにしましょう。
 これらの要件を満たす書類を整えたら日本年金機構に提出し、審査を受けることになります。
 申請書類は三島年金事務所、もしくは下田市役所市民保健課国保年金係にあります。

平成28年度の年金額
◎1級 975,125円
◎2級 780,100円

受給者と一緒に生活をともにしている18歳未満の子供がいた場合は加算があります。
◎1人目、2人目 各224,500円
◎3人目以降 各74,800円

※障害を持った子供がいる場合は20歳未満まで加算されます。

20歳前に障害者になった場合
 生まれつきの障害があるなど、国民年金に加入する20歳前に1級、2級の障害者になった場合には20歳になった時から障害基礎年金を受給できます。
 ただし、この20歳前の障害による障害基礎年金は国民年金を納めていた、納めていないに関わらず支給されるものなので、所得による制限があり、所得額によって半額または全額が停止になります。

申請する前に
 障害基礎年金はこの他にも様々な要件が関わってくる場合があります。
 事前に三島年金事務所(TEL:055-973-1166)もしくは下田市役所市民保健課国保年金係にご相談ください。

 更新日:2016/10/28
このページに関するお問い合わせ: 市民保健課国保年金係: 下田市東本郷1-5-18: Tel 0558-22-3922: Email shiminhoken@city.shimoda.lg.jp