共通市章

文字サイズ

平成28・29年度 後期高齢者医療保険料率が改定されました

新保険料率等の主な内容は、次のとおりです。

保険料率は、都道府県ごとに決定し、2年ごとに見直されます。医療機関への支払い等が増えている中、医療費の増加等を考慮し、保険料率を改定することになりました。
(年額)
平成26・27年度 平成28・29年度 上昇額/率
均等割額 38,500円 39,500円 1,000円
所得割率 7.57% 7.85% 0.28%

賦課限度額は、これまで通りとなっております。
平成26・27年度 平成28・29年度 上昇額
賦課限度額 570,000円 570,000円 0円
【参考】収入別保険料額のモデルケース(単身世帯で年金収入のみの場合)
(年額)
年金収入額
(年額)
平成26・27年度
保険料
平成28・29年度
保険料
上昇額 軽減内容
基礎年金受給者
(80万円)
3,800円3,900円 100円 均等割9割軽減
所得割なし
月額15万円
(180万円)
29,400円 30,300円 900円 均等割5割軽減
所得割5割軽減
平均的な厚生年金受給者
(201万円)
48,900円50,400円 1,500円 均等割2割軽減
所得割5割軽減
現役並み所得者
(383万円)
202,500円209,600円 7,100円 軽減 なし

【ご留意ください】保険料のお納め方によって、お納めいただく時期が異なります。
①年金からの差し引き(特別徴収)で保険料をお納めいただいている方
  平成28年2月分と同額の保険料が、平成28年4月・6月・8月分の年金から差し引かれます。
 平成28年8月に、新保険料率等での平成28年度年間保険料額が決定された後、年間保険料額から4月・6月・8月分を引いた残りの額が、平成28年10月・12月・翌年2月の3回に分けて年金から差し引かれます。

②口座振替や窓口納付(普通徴収)で保険料をお納めいただいている方
 平成28年8月に、新保険料率等での平成28年度年間保険料額が決定された後、平成28年8月から平成29年3月までの間で、8 回に分けてお納めください。
 なお、平成28年10月から特別徴収でお納めいただく方は、平成28年8月・9月は普通徴収、平成28年10月・12月・翌年2月は特別徴収でお納めください。
※ 上記のような、お納め方の相違による納付時期の相違は、保険料率等の改定前から変更ありません。

(3)保険料軽減措置は継続されます。(軽減分は従前どおり公費負担)
①被用者保険の被扶養者だった方に対する軽減
 均等割額が9割軽減され、所得割額は引き続きかかりません。
②低所得者に対する軽減
 平成28年度より、特別措置を含めた軽減措置が拡充されます。

【均等割額】世帯の所得水準にあわせて、下記のとおり軽減されます。
世帯主およびすべての被保険者の総所得金額等の合計軽減の割合
「基礎控除額(33万円)+48万円×当該世帯に属する被保険者の数」を超えないとき2割
「基礎控除額(33万円)+26.5万円×当該世帯に属する被保険者の数」を超えないとき5割
「基礎控除額(33万円)」を超えないとき8.5割
均等割8.5割軽減を受ける世帯のうち、被保険者全員が年金収入80万円以下(その他各種所得がない)のとき9割

【所得割額】基礎控除後の総所得金額等が58万円以下(年金収入のみの方はその額が153万円以上211万円以下)の場合、所得割額が5割軽減されます。
 更新日:2017/03/01
このページに関するお問い合わせ: 市民保健課国保年金係: 下田市東本郷1-5-18: Tel 0558-22-3922: Email shiminhoken@city.shimoda.shizuoka.jp