共通市章

文字サイズ

お医者さんにかかるとき

お医者さんにかかるときには、医療機関の窓口に、保険証の提示を必ずしてください。また、限度額適用・標準負担額減額認定証や特定疾病療養受療証の発行を受けている方は、これらも併せて提示をしてください。

所得の区分と自己負担額割合

保険証には、自己負担割合「1割」または「3割」の記載があります。これは、以下のとおり所得の区分によって決定されます。また、この所得の区分は毎年8月に更新されます。

所得の区分所得の基準自己負担割合
現役並み所得者住民税の基準課税所得額が145万円以上の被保険者や、その方と同じ世帯にいる被保険者3割
一般現役並み所得者、低所得者Ⅱ・Ⅰ以外の人1割
低所得者Ⅱ
世帯の全員が住民税非課税の方
(低所得者Ⅰ以外の方)
低所得者Ⅰ世帯の全員が住民税非課税で、世帯全員の所得が一定の基準*に満たない方
※必要経費・控除(年金の所得だけの人は80万円として計算)を差し引いたときに0円になる人

注)現役並み所得者でも、次の条件を満たしている場合は、申請をされますと1割に変更されます。
1 同じ世帯に被保険者の方が複数いる場合
  →上記の方々の前年中の合計収入額が520万円未満
2 同じ世帯に被保険者の方が1人の場合
  →上記の方の前年中の合計収入が383万円未満
3 同じ世帯に被保険者が1人の場合で、同じ世帯に70歳以上75歳未満の方がいる場合
  →上記の方々の前年中の合計収入額が520万円未満
 

入院したときの食事代

入院したときの食事代は、1食あたり以下の標準負担額を自己負担します。低所得者 II ・ I の人は、入院の際に「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要となりますので、市役所に申請をしてください。
※入院と在宅療養の公平を図る観点から入院時に自己負担する食事代(入院時食事療養標準負担額)が平成28年4月1日から改定されました。

<入院時の食事代の標準負担額>(1食あたり)

所得の区分1食あたりの食費
現役並み所得者・一般360円
低所得者Ⅰ・Ⅱに該当しない指定難病患者
平成28年4月1日時点で、既に1年を超えて精神病床に入院している患者が退院するまで
(平成28年4月1日以後、合併症等により同日以内に他病院への転院・多病床への移動含む)
260円
低所得者Ⅱ90日以内の入院(過去12か月の入院日数)210円
90日を超える入院(過去12か月の入院日数)160円
低所得者Ⅰ100円

<療養病床に入院したとき>
療養病床に入院したときは、食費と居住費の一部を自己負担します。

所得の区分1食あたりの食費1日あたりの居住費
現役並み所得者・一般460円※320円
指定難病以外の厚生労働大臣が定める者360円0円
指定難病患者260円0円
低所得者Ⅱ210円320円
低所得者Ⅱのうち、指定難病患者等160円0円
低所得者Ⅰ130円320円
低所得者Ⅰのうち、指定難病患者100円0円
老齢福祉年金受給者100円0円

※保険医療機関の施設基準等により、420円の場合もあります。

●入院医療の必要性の高い状態が継続する患者や回復期リハビリテーション病棟に入院している患者については、上記の入院時食事代の標準負担額を自己負担します(居住費負担はありません)。



交通事故にあったとき

「第三者による傷病届」による届け出を
 
 交通事故など第三者の行為によってけがをした場合でも、届け出により後期高齢者医療制度で診療を受けることができます。
 この場合、後期高齢者医療制度で医療費を立て替えて、あとで加害者に請求します。

示談の前に必ず市役所にご相談を

 加害者から治療費を受け取ったり、示談を済ませてしまうと、後期高齢者医療制度が使えなくなることがあります。
 示談の前に必ずご相談ください。

    

 更新日:2016/03/30
このページに関するお問い合わせ: 市民保健課国保年金係: 下田市東本郷1-5-18: Tel 0558-22-3922: Email shiminhoken@city.shimoda.lg.jp