共通市章

文字サイズ

後期高齢者医療制度とは

 後期高齢者医療制度は、県内に住む75歳以上の人全員と一定の障害があると認定された65歳以上の人が加入する高齢者の医療制度です。

後期高齢者医療制度のしくみ

業務内容
 後期高齢者医療制度とは、県内すべての市町が加入する広域連合が主体となり、市町と協力して運営する制度です。
 広域連合と市(区)町の主な業務内容は以下のとおりです。

広域連合・・・保険料の決定、医療を受けたときの給付、保険証の交付 など

市(区)町・・・保険料の徴収、申請や届出の受付、保険証の引渡し、各種相談 など

後期高齢者医療制度の財源
 医療機関の窓口で支払う分を除き、公費(国・県・市町)が5割、現役世代(75歳未満の人が加入する保険)が4割、残り1割を被保険者(75歳以上の人)が保険料として負担します。

医療にかかる費用 
患者負担額(窓口負担分)
被保険者の保険料
約1割
公費
約5割
国:都道府県:市区町村
=4:1:1
後期高齢者支援金
(現役世代の保険料)
約4割
 


後期高齢者医療制度の対象者

対象となる人
  75歳以上の人

 これまで、国保や会社の健康保険組合などの被保険者だった人だけでなく、会社の健康保険組合や共済組合、船員保険の被扶養者だった人も、後期高齢者医療制度の被保険者となります。

  一定の障害があると認定を受けた65歳以上75歳未満の人

 申請をして広域連合から認定を受けることが必要です。この申請は、将来に向かっていつでも撤回することができます。

一定の障害とは主に以下の基準に該当する状態です。
・国民年金法等における障害年金:1・2級
・身体障害者手帳:1・2・3級及び4級の一部
・精神障害者保健福祉手帳:1・2級
・療育手帳:A

対象となる日
  75歳の誕生日当日から
※一定の障害のある65歳以上75歳未満の人は認定を受けた日から


保険証
 後期高齢者医療制度では、独自の保険証が一人に1枚交付されます。
 保険証は1年ごとに更新されます。発効期日が8月1日のため、7月下旬には郵送されます。なお、75歳になって後期高齢者医療制度に加入する方へは、75歳の誕生日の前月に郵送されます。
 静岡県では、オレンジ色→藤色→緑色の順番で、保険証の色を毎年変更していきます。
 更新日:2010/07/27
このページに関するお問い合わせ: 市民保健課国保年金係: 下田市東本郷1-5-18: Tel 0558-22-3922: Email shiminhoken@city.shimoda.shizuoka.jp