共通市章

文字サイズ

平成28年4月から「介護予防・日常生活支援総合事業」が始まります

 平成28年4月から、介護予防のための新しい事業「介護予防・日常生活支援総合事業」が始まります。
 この事業では、一人ひとりの状態に合わせた介護予防や生活支援サービスを利用できます。また、これ
まで介護保険で行っていた要支援1・2の人向けの介護予防サービスの一部も利用することができます。

要支援1・2の人が利用できるサービスが一部変更になります。
 これまで介護予防サービスで行われていた介護予防訪問介護は「訪問型サービス」に、介護予防通所サ
ービスは「通所型サービス」にサービス名が変わり、「介護予防・日常生活支援総合事業」へ移行します。

介護予防・日常生活支援総合事業とは?
 介護予防・日常生活支援総合事業は、65歳以上のすべての人を対象とした、市が行う介護予防対策
事業です。介護保険の認定を受けていなくても、一人ひとりの生活に合わせた柔軟なサービスを利用
することができます。なるべく介護を必要としない暮らしを送るためにも、介護予防・日常生活支援
総合事業を利用して自立した生活を続けましょう。

総合事業の種類は?
 介護予防・日常生活支援総合事業は、要介護認定を受けた人や基本チェックリストにより生活機能の
低下がみられた人が利用できる「介護予防・生活支援サービス事業」と、65歳以上のすべての人が利用
できる「一般介護予防事業」があります。

介護予防・生活支援サービス事業
 要支援などの多様な生活支援のニーズに対応するため、介護予防訪問介護や介護予防通所介護に相当
するサービスに加えて、今後、住民主体の支援なども含め、多様なサービスを行うことを検討しています。
①訪問型サービス
 以前の介護予防訪問介護に相当するサービスで、介護サービス事業者による食事・入浴・排せつの介助
などの身体介護や掃除・洗濯・調理などの生活援助のほか、今後、民間企業やボランティア、住民主体の援助な
どが利用できるよう検討しています。
②通所型サービス
 以前の介護予防通所介護に相当するサービスで、介護サービス事業者によるディサービスセンターなど
での食事や入浴・排せつの介助、レクリエーションなど日常生活上の支援や機能訓練などのほか、今後、民間企
業、ボランティアによるミニディサービス、住民主体の通いの場などの利用できるよう検討しています。
③その他の生活支援サービス
 住民ボランティアなどによる定期的な訪問による見守りと緊急時の対応、その他自立支援に役立つ生活
支援などが制度に盛り込まれました。(準備検討中です。)

一般介護予防事業
 65歳以上のすべての人が利用できるサービスで、介護予防に関する講演会やボランティア研修など、
介護予防についての事業に参加できます。

 制度の概要については、下記の図を参考にしてください。
 平成28年4月からのサービスの内容などは地域包括支援センターにお問い合わせください。

 ◎問い合わせ先
 下田市役所 市民保健課
 地域包括支援センター
 ☎0558-36-4146

4月から介護保険制度が変わります01
 
 更新日:2016/04/08
このページに関するお問い合わせ: 市民保健課介護保険係: 下田市東本郷1-5-18: Tel 0558-22-2077: Email shiminhoken@city.shimoda.lg.jp