共通市章

文字サイズ

認知症サポーター養成講座

 地域・職場・学校・趣味の仲間などで「認知症サポーター養成講座」を開催しませんか?
下田市では、認知症になっても安心して暮らせる街づくりを目指しています。認知症のことについて勉強してみたい・話を聞いてみたいと思われる方がいらっしゃいましたら是非ご相談下さい。ご都合に合わせて、無料で講座開催のお手伝いをします。       

認知症とは

 認知症とは脳に何らかの原因で記憶・判断力などの障害が起き、日常生活に支障が出るような状態を言います。現在、85歳以上の方では、4人に1人の割合で認知症の症状が現われるといわれています。誰もがなる可能性のある病気です。

認知症サポーター

「認知症サポーター養成講座」を受講された方が、「認知症サポーター」となります。認知症を正しく理解し、認知症の人やその家族を暖かく見守る応援者として、自分のできる範囲で活動します。友人や家族に学んだ知識を伝えることなどもサポーターの活動です。

講座の内容

 標準テキストにもとづいてビデオ上映などを含む約90分の講義です。終了後、認知症サポーターのシンボルグッズ「オレンジリング」を差し上げます。講座の内容や時間についてもご相談下さい。

講座の開催

 認知症サポーター養成講座は、専門の研修を受けキャラバンメイトとして登録した講師が講義を行うものです。「一般市民向け」の他、「スーパーマーケット向け」「金融機関向け」の教材(ビデオ)での講演も可能です。小・中・高校の学習の一環として(低学年向けには紙芝居教材も使用出来ます)、地域での集会や職場での研修として、無料で講演いたしますので、興味のある方は、是非ご連絡ください。

申込・問い合わせ先 下田市地域包括支援センター(市役所市民保健課) 0558-36-4146
 更新日:2015/06/02
このページに関するお問い合わせ: 地域包括支援センター: 下田市東本郷1-5-18: Tel 0558-36-4146: Email shiminhoken@city.shimoda.lg.jp