文字サイズ

高齢者の入浴事故の防止について

冬季に多発する高齢者の入浴中の事故にご注意ください。

 家庭の浴槽での溺死者数はここ11年間で約7割増加しており、平成27年に4,804人となっています。そのうち高齢者(65歳以上)が約9割を占めており、高齢者は特に注意が必要です。
 安全に入浴するために、以下の点に注意しましょう。
 (1)入浴前に脱衣所や浴室を暖めましょう。
 (2)湯温は41度以下、湯に漬かる時間は10分までを目安にしましょう。
 (3)浴槽から急に立ち上がらないようにしましょう。
 (4)アルコールが抜けるまで、また、食後すぐの入浴は控えましょう。
 (5)精神安定剤、睡眠薬などの服用後入浴は危険ですので注意しましょう。
 (6)入浴する前に同居者に一声掛け、同居者は、いつもより入浴時間が長いときには入浴者に声掛けをしましょう。
 
 高齢者の入浴事故注意喚起(消費者庁公表)(pdf 393kb)
 更新日:2017/02/07
このページでダウンロードできるファイルはPDF形式で作成されています。PDFファイルをご覧頂くためには「Adobe(R)Acrobat(R)Reader」が必要です。
「Adobe(R)Acrobat(R)Reader」は、左記の「GetAcrobatReader」のボタンからダウンロード可能です。
 
このページに関するお問い合わせ: 産業振興課: 下田市東本郷1-5-18: Tel 0558-22-3914: Email sangyou@city.shimoda.shizuoka.jp