共通市章

文字サイズ

犬の飼い方について

 イヌ01犬の飼い主の皆さまへ ~マナーを守りましょう~
 
 ペットは、私たちの心や生活にやすらぎを与えてくれる一方で、マナーを守らないとトラブルが発生する原因にもなります。
 愛犬との楽しい生活を送るためには、周りの人に迷惑をかけないことも大切です。
 犬の本能・習性を理解して、愛情をもってしつけをし、家族の一員として終生飼いましょう。

ふんの始末は飼い主の責任です
 犬のふんや鳴き声、においなどの苦情が多くなっています。ふんは自分の敷地内ですませましょう。
 散歩のときは必ず飼い主が持ち帰り、周りの人に迷惑をかけないようにしましょう。

習性等を理解して正しく飼いましょう
 犬の習性や行動をよく知り、十分な運動や清潔さを保ち、ストレスがたまらないようにしましょう。
 また、家族でしつけの勉強をし、愛情をもって正しく犬をしつけましょう。

放し飼いをしてはいけません
 家では外へ逃げ出さないように飼い、散歩中は必ずひも(リード等)をつけましょう。
 小さな犬でも苦手な人には恐怖心を与えることもあります。
 他人を噛んでしまったり、犬が急に飛び出すことで人を驚かしてしまい事故やけがを招く恐れもあります。
 昼夜を問わず、絶対に犬の放し飼いはしないでください。

必ず鑑札・名札をつけましょう
 万一、迷子になった場合、首輪につけている鑑札が唯一の頼りです。
 普段、室内で飼っている場合も首輪などに鑑札、予防注射済票、名札をつけてください。
 災害の際にも役立ちます。

絶対に捨てないで
 一度飼い始めたら生涯飼うことが飼い主の責任であり、動物を捨てることは犯罪です。
 動物愛護法では、犬や猫を捨てると100万円以下の罰金、故意に傷つけたり殺したりすると200万円以下の罰金又は2年以下の懲役が科せられます。
 絶対に捨てないでください。

問合せ先 環境対策課環境保全係
電話 0558-22-2213
 更新日:2016/07/13
このページに関するお問い合わせ: 環境対策課: 下田市敷根13-11: Tel 0558-22-2213: Email kankyou@city.shimoda.lg.jp