共通市章

文字サイズ

し尿・浄化槽保守点検

市内のし尿(くみ取り)・清掃(汚泥)許可業者、保守点検業者は次のとおりです。
■ し尿浄化槽清掃・保守点検
(株)辻村衛生社 電話 22−0379

■ 浄化槽清掃・保守点検
(株)栄協 電話 23−1040

■し尿浄化槽維持管理
浄化槽は、使用方法や維持管理が正しくなければ悪臭を発生したり、水路を汚したりして、他人に迷惑を掛けます。

<正しい使い方>
洗浄水は適正量を流す。
トイレットペーパー以外の紙は流さない。
モーターの電源は切らない。
浄化槽の上に物を置かない。
便器の洗浄には浄化槽に支障のない洗剤を使う。

<仕組み>
浄化槽の仕組みは、トイレから流れてきた汚物を微生物が分解し、浄化された水だけを放流し、汚泥はそのまま浄化槽の中に残存させるというものです。
浄化槽の維持管理を怠ると浄化機能が低下し、放流水質の悪化や悪臭の発生を招く原因になります。
このため浄化槽の所有者には、適正な維持管理として、保守点検、清掃、法定検査が義務付けられています。

<保守点検>
県に登録された「浄化槽保守点検業者」に委託して下さい。
(詳しくは、静岡県賀茂健康福祉センター 環境課 24-2053へお問い合わせ下さい。)

<清掃>
市の許可を受けた「浄化槽清掃業者」に委託して下さい。
 更新日:2013/03/12
このページに関するお問い合わせ: 環境対策課: 下田市敷根13-11: Tel 0558-22-2213: Email kankyou@city.shimoda.lg.jp