共通市章

文字サイズ

不法投棄は犯罪です

目立つ不法投棄
 最近、山間部の道沿い、海岸や港湾などにテレビなどの家電製品やカン、ペットボトルなどの家庭ごみ、廃油、木くずなどの産業廃棄物が捨てられているのが目立ちます。
不法投棄は犯罪です
 ごみをみだりに捨てることは、法律で禁止されています。
違反した場合、5年以下の懲役もしくは1千万円以下の罰金、またはこの両方が科せられることがあります。ごみは、正しく分別処理し、不法投棄は絶対にやめましょう。
 不法投棄が発見された場合、市は保健所とも連携して、ごみの中身から捨てた人を特定して警察署に通報します。また、地域の方々と協力して、不法投棄ごみの撤去作業を行っています。
ごみの適正処理を
 家庭ごみは、市のごみ収集に出す、清掃センターに持ち込む。産業廃棄物は、産業廃棄物処理業者に処理を依頼するなど、適正に処理して下さい。処理方法が分からない場合、清掃センターにお問い合わせ下さい。
不法投棄されないような土地管理を
 不法投棄は、一度捨てられた場所や管理が行き届かない場所に繰り返し行われる傾向があります。山林、空き地、駐車場などを所有されている方は、日頃から、ごみを捨てられないようにロープを張る、看板を取り付ける、草刈り・定期的な見回り等の対策をお願いします。自分の土地は自分自身で守りましょう。
 また、不法投棄の現場を見掛けた方は、すぐ警察や市役所に連絡して下さい。
不法投棄は犯罪です
 更新日:2008/11/17
このページに関するお問い合わせ: 環境対策課: 下田市敷根13-11: Tel 0558-22-6686: Email kankyou@city.shimoda.shizuoka.jp